メニュー

JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の歯医者「まこと歯科・矯正歯科」が、矯正治療についてご紹介します。

矯正歯科治療について

  • tel:092-692-2963
  • WEB予約
  • アクセスマップを見る

より美しく、より健やかに~矯正歯科治療~

歯並びの乱れを抱えている方は、ご自身の笑顔に自信が持てず、悩んでいるケースが多いようです。「矯正治療は子どもが受けるもの」とお思いの方も多いようですが、近年では大人の方が治療を受けるケースも珍しくありません。福岡市東区JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の歯医者「まこと歯科・矯正歯科」では、子どもから大人まで、年齢やお口の状態に応じた矯正歯科治療をご提供しています。

歯並びや噛み合わせを改善すると、お口や全身の健康にもよい影響が期待できます。コンプレックスを解消し、より美しく、健やかな毎日を送りましょう。

当院の矯正治療の種類

矯正治療にはさまざまな方法があり、装置にも多くの種類があります。当院には日本舌側矯正歯科学会にも所属する日本矯正歯科学会認定医が勤務しており、目立たない装置による治療も可能です。患者様のご希望やお口の状態に応じ、適切な治療方法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

矯正治療一覧
唇側矯正

最も一般的な治療法で、歯の表面にブラケットという小型の装置を取りつけ、ワイヤーによって力をかけて歯を移動させます。金属製のブラケットやワイヤーに比べ、目立ちにくい色の装置もご用意しています。

舌側(裏側)矯正

ブラケットとワイヤーを、歯の裏側に取りつけるタイプの装置です。唇側矯正よりも治療費が高くなりますが、見た目では矯正をしていることがわかりません。営業職や接客業など、人前に出る機会の多い方によく選ばれている矯正方法です。

マウスピース矯正

着脱可能な透明のマウスピースを使った矯正方法です。目立ちにくく、ワイヤーブラケット装置に比べると異物感があまりありません。ただし適用できる症例の範囲が狭く、使用できないケースもあります。

プレート矯正

床矯正ともいわれる矯正方法で、一般的に成長期のお子様の治療に用います。取り外しが可能な装置を毎日一定時間装着することで顎の骨の成長を促し、歯を移動させます。

ムーシールド

反対咬合(はんたいこうごう、受け口)の治療に使用する透明のマウスピースで、3歳から使用できます。口もとの筋肉のバランスを整え、舌を正しい位置に導きます。

裏側矯正の特徴
特徴1:目立たない・気づかれない
矯正をしていると周囲に気づかれません。人前に出る機会の多い職業の方や、目立つのが嫌で治療を諦めていた方も安心です。
特徴2:治療途中で効果を実感
唇側矯正は装置を外す段階まで効果が実感できませんが、裏側矯正なら装置に邪魔されず、途中経過が確認できます。
特徴3:食事を楽しめる
唇側矯正だと矯正装置に食べかすがはさまるのが気になり、人との食事が楽しめなくなる人もいます。裏側矯正ならその心配がありません。
特徴4:虫歯のリスクが低い
歯の裏側は、表側に比べるとエナメル質に厚みがあります。そのため、唇側矯正に比べて装置の着脱で歯を傷つけたり、虫歯で溶かされたりするリスクが低くなります。
特徴5:出っ歯が矯正しやすい
上顎前突(出っ歯)の矯正では、奥歯を固定源として前歯を引っ張ります。唇側矯正だと逆に奥歯が引っ張られることがありますが、裏側矯正ではその心配がありません。
マウスピース矯正の特徴
特徴1:目立たない
矯正に使用するマウスピースの厚さは0.5mmほどで、透明なのでほとんど気づかれません。発音の妨げになることもなく、人前で話す機会の多い職業の方にも好評です。
特徴2:セルフケアしやすい
食事やブラッシングのときには取り外せるので、装置に食べかすがはさまったり、ブラッシングの妨げになったりする心配がありません。装置も丸洗いでき、清潔に保てます。
特徴3:違和感や痛みが少ない
ワイヤーで力をかける方法と異なり、装着時の違和感はあまりありません。舌や粘膜を装置で傷つけ、痛むこともほとんどありません。
特徴4:金属アレルギーのリスクがない
金属を一切使用しない装置なので、金属アレルギーの心配はありません。

大人の矯正

矯正治療に、年齢制限はありません。大人になってからでも、歯を移動させて正しい歯並びや噛み合わせを手に入れることは可能です。大人の患者様の中には、長年深刻なコンプレックスを抱えて悩んでこられた方が多くいるようです。コンプレックスを解消し、自信とともに美しい笑顔を手に入れましょう。

大人の矯正治療では、装置の見た目に抵抗を覚える方が多いようです。近年では目立ちにくい装置や、歯の裏側に取りつける装置など、たくさんの選択肢が登場しています。「楽器を演奏する機会が多い」「スポーツが趣味」「矯正していることを知られたくない」など、患者様のライフスタイルやご要望にあった治療をご提案します。

子どもの矯正

矯正治療は大人になってからでも可能ですが、子どものうちにはじめることで、発達を正しい方向に促してあげることができます。お子様の状態によって、治療に適した時期は異なります。乱れた歯並びや噛み合わせを放置していると、お口の健康や全身の成長に悪影響を与える恐れもあるので、気になる点があれば早めに歯科医院を受診しましょう。

子どもの矯正で行うこと
歯のためによい習慣を身につけるための指導
乳歯の虫歯は永久歯の歯並びにも影響するので、正しいブラッシングの方法をお教えします。また、歯並びに悪影響を及ぼすクセ(指しゃぶり、爪噛み、頬杖など)をやめるよう指導します。
骨格の正しい成長を促す
下の前歯が上の前歯より前に出ている反対咬合や、下顎の左右どちらかへのズレなどをそのままにしていると、顎の骨が間違った方向に発達して骨格的な問題を抱えてしまうことがあります。早い段階でこれらのズレを修正することで、正しい骨格の形成を促します。
永久歯が生えるスペースを確保
現代人の食生活は柔らかい食べものが中心で噛む回数が少ないため、顎が小さい子どもが増えています。さらに近年の子どもは歯が大きくなる傾向にあり、永久歯がきれいに並ぶには顎のスペースが足りません。また、虫歯で本来抜けるべき時期より早く抜けた乳歯の位置に別の歯がずれてきて、永久歯が生えてこられないケースもあります。
そのため、歯列を広げたり、ずれた歯をもとの位置に動かしたり、抜けた歯のスペースを確保したりすることで、永久歯のためのスペースを確保します。
負担の少ない装置の使用
矯正装置がお子様にとって精神的負担にならぬよう、負担の少ない装置を使用します。

矯正治療にはメリットいっぱい まこと歯科・矯正歯科のご予約はこちら

  • 歯周病のリスクについて
  • 矯正治療の費用と流れ

診療内容

  • 歯科タウン
  • スタッフ募集
  • 24時間受付中

Copyright © Makoto dental Orthodontic treatment All Rights Res