福岡市東区JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩3分の歯医者「まこと歯科・矯正歯科」の医院コラムです。

伝言板の症例 

  • tel:092-692-2963
  • WEB予約
  • アクセスマップを見る

良い習慣・悪い習慣

皆さん、こんにちは。まこと歯科・矯正歯科院長木村誠です。

年末年始のこの時期、忘年会や同窓会等で飲み会やお食事会で何かと暴飲暴食になりやすいです。私はそれに加えて夜に甘いものをどうしても食べたくなり、最近急激に体重増加しております。

もともと太りやすい体質の私です。3,4年前までは今より体重が10キロ位重い状態でした。その年の健康診断で、肝臓の値が悪く要受診といわれ、内科を受診することになりました。そこでは脂肪肝と診断され、その際こんなことを説明されました。

『お酒を飲まない方が脂肪肝になると肝硬変に移行しやすい』

non-alcholic stetohepatitis 略してナッシュと言われているそうのですが、非アルコール性脂肪肝炎つまりアルコールを飲まない方で脂肪肝は肝硬変になりやすいとのこと。専門外ですし詳しいことは、ここでは書けませんが日本人に増えている病気らしいです。

話を戻しますが、内科医からその事を聞かされた私は、その時初めて健康について考えるようになりました。それからというもの甘いものの摂取を減らし、勿論食事の量も減らし、ウォーキングを中心とした運動で半年ちょっとで約15キロほど減量しました。私の性格上ストイックになる時は、本当にストイックになります。

15キロ減量しての変化としては、①着る洋服が変わる②周りの人に痩せたねと言われる(これが結構嬉しい)③体が疲れにくくなる④いびきをしなくなる等です。

ところでその後の経過としましては、最初は、もうあんな太っていた時代には戻りたくないと頑張れるのですが、時が過ぎると少しずつリバウンドし、今は5キロ程リバウンドしました。

私の家系は、太りやすいようです。うちの家族を見渡してみても痩せている人はいません。私の兄は学生時代は物凄く痩せていたのですが、やはり社会人になると太ってしまい、太っていた頃の私かそれより重いくらいになってしまいました。ところが最近、兄がダイエットを敢行し、今では私より体重が軽くなってしまいました。主に食事療法と運動療法をしたようです。

太りやすい体質と書きましたが、正確にいうとよく食べ運動をしないといったほうが良いでしょうか。やっぱり太っている人は普通の人よりよく食べるし、痩せている人は普通の人より食べていません。

もう一ついえることは習慣で食べていることが多いことです。甘いものを夜食べる習慣が一度できてしまうと食べたいという欲求よりいつも食べているから食べなきゃねっという一種の反射のようなものになってしまっている気がします。なかなか悪い習慣を止めるのは難しいことです。

先日私が通勤している時、近所の内科の先生(祝祭日及び年末年始等の連休以外診療している)が朝からジョギングしている姿を発見した時、出来る人っていうのは本当に努力というか頑張っているのだなと正直驚きました。

良い習慣を続けるのは本当に難しく、悪い週間を止めるのはもっと難しいかもしれません。

歯科で取り扱う病気の殆どは生活習慣病であり、悪い習慣をやめ良い習慣を続けると大部分は予防できる病気です。患者さんにもそういう風に説明しています。

患者さんにそういう風に説明するからには、自分は健康でいないといけないなと思い、今までより野菜多めの食事をこころがけ、数日前から朝晩一回ずつ体重計に乗るようにしました。

健康のありがたみは失ってからしか気付くことは出来ません。基本的に何でも早期発見早期治療が最も大切です。

まこと歯科・矯正歯科では、治療と共に予防にも力を入れておりますので、是非お口の中にトラブルをお抱えの方は当院までお気軽に来院ください。

最後にダイエットのモチベーション維持に最も効果的な事を書きます。それは毎日必ず体重計に乗ることです。

 

 

 

 

良い習慣・悪い習慣

  • 歯周病のリスクについて
  • 矯正治療の費用と流れ

診療内容

  • 歯科タウン
  • スタッフ募集
  • 24時間受付中

Copyright © Makoto dental Orthodontic treatment All Rights Res